« 静岡図書館友の会 総会と記念講演会のお知らせ | トップページ | 日本図書館協会図書館政策セミナー「非正規雇用とは?-自治体の非正規雇用職員制度」 »

2011年12月14日 (水)

E1243 - 格差社会に抗議するオキュパイ運動の中の「図書館」

国立国会図書館「カレントアウェアネス-E No.206 2011.12.08」の「 E1243」に、格差是正を求める「ウォール街占拠」抗議運動の中から生まれた図書館の紹介がありました。近代公共図書館はアメリカの人民の中から発生しましたが、2~300年を経て、同じようにして自ら図書館を作る人々がいることに驚嘆します。このような図書館は、アメリカではボストン等24か所、ロンドン、パリ、フランクフルト、マドリード等各国にも生まれているそうです。日本では聞きません。

多くの人々は貧しくなり、わずかな人々のみが富むという、格差拡大が進行するのは日本も同じです。格差拡大が有利な人たちは、この解消に取り組もうとはしないでしょうから、貧しくなりつつある絶対多数の人たちが声を出していく以外に抜け出すことはできないように思います。さまざまに思いを持つ記事です。以下、「カレントアウェアネス-E No.206 2011.12.08」から記事を転載します。(管理人)

E1243 - 格差社会に抗議するオキュパイ運動の中の「図書館」

格差社会に抗議するオキュパイ運動の中の「図書館」

 「ウォール街を占拠せよ!」を合言葉に,2011年9月17日から米国で始まった格差社会に対する抗議活動“Occupy Wall Street”において,その活動拠点となっているニューヨークのズコッティ公園に,「人民の図書館」(People's Library)の名で知られる“Occupy Wall Street Library”という野外「図書館」が設置された。

 Occupy Wall Street Libraryの開設は,9月17日のオキュパイ運動の開始直後に運動参加者の一人が図書の収集を始めたことに端を発している。その参加者はすぐに別のプロジェクトに移ってしまったが,ある女性が収集を継続し,図書の整理や維持管理も行なった。そのためオキュパイ運動の総会においてその女性は「図書館員」に任命され,Occupy Wall Street Libraryがスタートしたという。

 寄贈等により蔵書は増え続け,また図書館員もボランティアとして加わることで運営スタッフが15人を数えるほどになると,Occupy Wall Street Libraryは次第に組織化されていった。同「図書館」は,「本は皆のもの」という考えの下,利用者自身が必要だと思う期間自由に借り出し,不要になったら返却するというスタイルで図書の貸出を始め,レファレンスサービスにも対応するなど利用者サービスを提供しているという。さらに同「図書館」は,このオキュパイ運動に関する文書や出版物等を収集しアーカイブする活動も行なっている。このような取組みに対し,バーチャル本棚を作成・共有できるソーシャルブックサイトLibraryThingが,同「図書館」に対してアカウントを無料提供し,蔵書のOPACも作成されている。

 しかし,11月15日の未明にニューヨーク市警察がズコッティ公園に張られたテント等の一斉撤去を行った際に,Occupy Wall Street Libraryもその憂き目に遭った。15日から17日にかけてその様子を詳細に伝えたLibrary Journalの記事によると,15日の撤去後,市当局の担当者は蔵書を安全に保管していると答えたとのことであったが,同「図書館」の担当者が16日に引き取りに行ったところ,5,000冊以上の蔵書のうち2,000冊から4,000冊の図書等が行方不明となり,返却された多くの図書やラップトップコンピューター等も破損していたという。

 この撤去に対して,11月17日に米国図書館協会(ALA)が,翌18日にカナダ図書館協会(CLA)がそれぞれ声明を発表しており,両協会とも市当局によるOccupy Wall Street Libraryの撤去は容認できないと非難するとともに,同「図書館」の再建を行う図書館員やボランティアを支援するとしている。

 このオキュパイ運動の中の「図書館」はただウォール街にのみ存在するものではない。オキュパイ運動の広がりとともに,米国ではボストンやフィラデルフィア等の24か所,英国ではロンドン,オーストラリアはシドニー,フランスのパリ,ドイツのフランクフルト,そしてスペインのマドリード等の各国・各地域で,オキュパイ図書館が開設されているという。写真共有サイトFlickrには各国での「図書館」の写真が公開されており,その様子を見ることができる。ロンドンでオキュパイ図書館を運営する「図書館員」は,「本は他とは少し違う雰囲気をもたらしてくれ,議論のための特別な空間ができる。本それ自体が人々を課題とその解決の議論にひきつけているように思う」と語っている。

Ref:

http://peopleslibrary.wordpress.com/

http://www.libraryjournal.com/lj/home/892288-264/as_a_revolution_takes_root.html.csp

http://www.librarything.com/blogs/librarything/2011/10/occupy-libraries/

http://www.librarything.com/catalog/OWSLibrary

http://peopleslibrary.wordpress.com/2011/11/16/update-state-of-seized-library-items/

http://www.libraryjournal.com/lj/home/892805-264/occupy_wall_street_library_removed.html.csp

http://americanlibrariesmagazine.org/news/ala/ala-alarmed-seizure-occupy-wall-street-library-loss-irreplaceable-material

http://www.cla.ca/AM/Template.cfm?Section=Home&TEMPLATE=/CM/ContentDisplay.cfm&CONTENTID=12095

http://www.guardian.co.uk/books/2011/nov/09/occupy-london-library

http://www.flickr.com/groups/1754828@N25/

|

« 静岡図書館友の会 総会と記念講演会のお知らせ | トップページ | 日本図書館協会図書館政策セミナー「非正規雇用とは?-自治体の非正規雇用職員制度」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1189237/43374767

この記事へのトラックバック一覧です: E1243 - 格差社会に抗議するオキュパイ運動の中の「図書館」:

« 静岡図書館友の会 総会と記念講演会のお知らせ | トップページ | 日本図書館協会図書館政策セミナー「非正規雇用とは?-自治体の非正規雇用職員制度」 »